ネットビジネスを成功させる情報 

ネットを使ったビジネスの魅力とノウハウと法則、手順を実践的にレクチャーします。

サイトマップ

フロントエンドとバックエンド

フロントエンド、バックエンドとは?

ネットビジネスでは通常2種類の商品を準備しなければなりません。



フロントエンドとバックエンドです。

これらは商品名ではなく、商品の役のことを言います。

フロントエンドとはバックエンド(利幅の大きな商品)の見込み客を集めることを目的とした商品を指します。

ちなみにフロントエンド(front end)とは「前段階」「下準備」という意味です。

例えば、コンサルティングがよく格安料金で経営者を対象として行っている経営セミナーなどはフロントエンドです。

バックエンドとして準備されているものは本格的な長期コンサルティング契約で、こちらが本当に良いものです。

つまり、コンサルティング会社は格安経営セミナーをフロントエンドとして顧客リストを作成し、その顧客に向けてバックエンドであるコンサルティング業務を案内(セールス)するというわけです。

フロントエンドは利幅が非常に薄く企業が売りたい商品ではありません。

しかし、バックエンドにつなげるための「おとり商品」です。

一方、バックエンドとは高額で利幅が大きく本当に売りたい「本命商品」です。

ところで、2009年に出版された「FREE」(クリス・アンダーソン著)という翻訳本が話題になりました。

フリー(無料)商品の提供が販売戦略の一つとしてオンラインショップや現実での店舗で一定の地位を得るようになったからです。

このように最近では格安のフロントエンドの前に無料商材を提供することもあります。

とはいえ、無料、格安な商品に顧客が満足するかといえばそうとも限りません。

その商品の「質」が悪いと顧客は「期待はずれ」という感覚を抱くことになり、その後のフロントエンドやバックエンドの売れ行きが悪化するからです。

「こんなに素晴らしいものを無料で、もしくは格安で提供してもらっていいの?」と思われる無料商材やフロントエンドを提供したとしたらどうでしょう?

これが出来て初めてバックエンドへとつなぐことが出来ると心得ておくべきでしょう。

成果保障型 寺子屋式インターネットビジネス塾「THE ALLIANCE」
ネットビジネス
元手がかからない
セリングとマーケティング
プロモーションコストが安い
粗利率が高い
アップセルやクロスセルが簡単
高いレバレッジ
商圏が広い
キンドル革命
第一の壁は信用の壁
マーケティング・マイオピア
能動性の壁
非ネット系情報の壁
消費者心理法則
儲かるマーケット
顧客リスト
見込客を得るランディングページ
フロントエンドとバックエンド
ネットビジネスは4Pより4C
セールスコピー
リピーター育成
返報性の法則
STPパラダイム
フットインザドアテクニック
ハロー効果
デモンストレーション効果
ザイオンス効果
バンドワゴン効果
カリギュラ効果
コントラスト効果
マーケット選びで決まる
マーケットの儲かる条件
ラテラルマーケティング
オファーを決める
魅力的でわかりやすいランディングページ
ランディングページテストのコツ
ロールアウトの手段
効果的なオーダーフォーム
膨張製品
信用の壁を超える
無料レポートやプレゼントの価値を訴える
購入方法や支払い方法での留意点
まず真似から
VAKを意識した文章
自分のパーソナリティ
ヘッドラインの巧拙で決まる
USPを徹底的に
売れるセールスコピーの条件
フロントエンドは先鋒的
バックエンドで満足感と信頼を
より魅力的な条件を制限付きで提示
経験マーケティングを経験する時代
DMやメルマガは工夫して何度も送れ
新規顧客をプロシューマーへ
キャズムを越えて
AIDMAからAISAS
バイラルandバズ
モバイルの利点を利用
YouTube、USTREAMも
ビジネスでTwitterを
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
住宅ローン 金利 見通し



ネットビジネスを成功させる情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。