ネットビジネスを成功させる情報 

ネットを使ったビジネスの魅力とノウハウと法則、手順を実践的にレクチャーします。

サイトマップ

リピーター育成

優れたネットビジネスは顧客との関係性を重視する方針が多いです。



関係性を重視したマーケティングをリレーションシップ・マーケティングといいます。

ネットビジネスの世界では2回目以降が勝負です。

フロントエンドを一度売っただけで満足しては本当にもったいないです。

事実、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)の世界では「セカンドセールのビジネス」と言われています。

裏を返せば1回目だけでは成り立たないビジネスなのです。

一度買ってくれた顧客をフォローアップし、バックエンドを購入してもらうように顧客に対してアプローチを仕掛けなければなりません。

一般的な傾向として1回目、2回目、3回目とアプローチを重ねるほど売上が上がるものだと言われます。

もし、1回目だけでやめていたら赤字だったという商品も多いです。

ネットビジネスではフォローアップが重要です。

レッドオーシャンとブルーオーシャンの特徴

レッドオーシャン

・競争が激しい「赤い血の海」の市場

・日本では携帯電話市場が代表格

・ただし、レッドオーシャンはそれだけ「熱い市場」だともいえるので、戦略を上手に立てて実行すれば、儲けのチャンスは大きい。

ブルーオーシャン

・競争が存在しない「青く澄んだ海」の市場。うまくやれば、業界トップになり、莫大な先行者利益が得られる。

・かつて、Googleが参入した当初の検索エンジン市場など。

・参入当初は「ブルーオーシャン」でも参入後に多くの偉業が参入すれば、やがて「レッドオーシャン」になる可能性が高まる。


リピーター養成プログラム

フォローアップを重ねて、バックエンドが売れたら今度はその顧客をリピーターに育てなければなりません。

フォローアップに付け加えて重要な要素がリピーター養成のプログラムです。

特に最近では、ネット上で各社商品の価格やサービスの比較が容易になってきました。

比較サイトを利用することですぐに価格の比較が出来ます。

また、最近では全般的に顧客離反率が高い特徴もあります。

特に他社と差別化しづらい携帯電話業界では限られたパイを取り合うレッドオーシャン(※24)状態になっていることはご承知のとおりでしょう。

しかし、新規顧客の獲得は既存顧客の維持よりも5倍程度のコストがかかる説があります。

リピーター養成には力を入れるようにしましょう。


※24レッドオーシャン 競争の激しい既存市場。ちなみに競争のない新規市場はブルーオーシャンと呼ばれる。フランスの欧州経営大学院教授であるW・チャン・キムとレネ・モボルニュが提唱した。

成果保障型 寺子屋式インターネットビジネス塾「THE ALLIANCE」
ネットビジネス
元手がかからない
セリングとマーケティング
プロモーションコストが安い
粗利率が高い
アップセルやクロスセルが簡単
高いレバレッジ
商圏が広い
キンドル革命
第一の壁は信用の壁
マーケティング・マイオピア
能動性の壁
非ネット系情報の壁
消費者心理法則
儲かるマーケット
顧客リスト
見込客を得るランディングページ
フロントエンドとバックエンド
ネットビジネスは4Pより4C
セールスコピー
リピーター育成
返報性の法則
STPパラダイム
フットインザドアテクニック
ハロー効果
デモンストレーション効果
ザイオンス効果
バンドワゴン効果
カリギュラ効果
コントラスト効果
マーケット選びで決まる
マーケットの儲かる条件
ラテラルマーケティング
オファーを決める
魅力的でわかりやすいランディングページ
ランディングページテストのコツ
ロールアウトの手段
効果的なオーダーフォーム
膨張製品
信用の壁を超える
無料レポートやプレゼントの価値を訴える
購入方法や支払い方法での留意点
まず真似から
VAKを意識した文章
自分のパーソナリティ
ヘッドラインの巧拙で決まる
USPを徹底的に
売れるセールスコピーの条件
フロントエンドは先鋒的
バックエンドで満足感と信頼を
より魅力的な条件を制限付きで提示
経験マーケティングを経験する時代
DMやメルマガは工夫して何度も送れ
新規顧客をプロシューマーへ
キャズムを越えて
AIDMAからAISAS
バイラルandバズ
モバイルの利点を利用
YouTube、USTREAMも
ビジネスでTwitterを
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
住宅 ローン 借入













ネットビジネスを成功させる情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。