ネットビジネスを成功させる情報 

ネットを使ったビジネスの魅力とノウハウと法則、手順を実践的にレクチャーします。

サイトマップ

STPパラダイム

近代マーケティングの父と言われるフィリップ・コトラ―氏は「4Pは製品が完成した後の段階に関係が深く、それ以前にSTP(Segmentation,Targeting,Positioning)をしっかりと行う必要がある」と説いています。



この考え方はそれぞれの頭文字をとってSTPパラダイムと呼ばれています。

パラダイムとは基本的なものの見方や考え方のことです。

セグメンテーション(Segmentation)とは日本語では「市場細分化」と言います。

市場を地域、年齢、性別、収入など共通の特徴を備えたグループに分けることを指します。

セグメンテーションで市場をセグメントに分けた後は自社の強みに適したセグメントに絞り込みます。

これをターゲティング(Targeting)と言います。

ターゲティングはマーケティングを成功に導く重要な作業です。

コトラ―氏は様々な場面でターゲティングの重要性を指摘します。

顧客を絞り込まなければ企業は全くの憶測で平均的な顧客像を描いてマーケティング活動を進めることになりかねません。

セグメンテーションとターゲティングの次にはポジショニング(Positioning)です。

ポジショニングとは消費者に自社や自社商品に関してポジティブなイメージを植え付ける作業です。

例えば、アップルはオシャレなデザインのIT機器を提供する企業というイメージを持っている人も多いでしょう。

成功している企業は「あの会社は〜〜」という明確なイメージが消費者の心にインプットされているものです。

ネットビジネスにおいてもSTPは極めて重要です。

つまり、顧客層をしっかりと区分(セグメンテーション)し、対象顧客の絞り込み(ターゲティング)をきちんと行い、その上で自社や自社商品に対し潜在顧客に肯定的なイメージを明確に持ってもらうこと(ポジショニング)が非常に大切なのです。

成果保障型 寺子屋式インターネットビジネス塾「THE ALLIANCE」
ネットビジネス
元手がかからない
セリングとマーケティング
プロモーションコストが安い
粗利率が高い
アップセルやクロスセルが簡単
高いレバレッジ
商圏が広い
キンドル革命
第一の壁は信用の壁
マーケティング・マイオピア
能動性の壁
非ネット系情報の壁
消費者心理法則
儲かるマーケット
顧客リスト
見込客を得るランディングページ
フロントエンドとバックエンド
ネットビジネスは4Pより4C
セールスコピー
リピーター育成
返報性の法則
STPパラダイム
フットインザドアテクニック
ハロー効果
デモンストレーション効果
ザイオンス効果
バンドワゴン効果
カリギュラ効果
コントラスト効果
マーケット選びで決まる
マーケットの儲かる条件
ラテラルマーケティング
オファーを決める
魅力的でわかりやすいランディングページ
ランディングページテストのコツ
ロールアウトの手段
効果的なオーダーフォーム
膨張製品
信用の壁を超える
無料レポートやプレゼントの価値を訴える
購入方法や支払い方法での留意点
まず真似から
VAKを意識した文章
自分のパーソナリティ
ヘッドラインの巧拙で決まる
USPを徹底的に
売れるセールスコピーの条件
フロントエンドは先鋒的
バックエンドで満足感と信頼を
より魅力的な条件を制限付きで提示
経験マーケティングを経験する時代
DMやメルマガは工夫して何度も送れ
新規顧客をプロシューマーへ
キャズムを越えて
AIDMAからAISAS
バイラルandバズ
モバイルの利点を利用
YouTube、USTREAMも
ビジネスでTwitterを
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ゆうちょ銀行 金利



ネットビジネスを成功させる情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。