ネットビジネスを成功させる情報 

ネットを使ったビジネスの魅力とノウハウと法則、手順を実践的にレクチャーします。

サイトマップ

購入方法や支払い方法での留意点

当たり前のことですがビジネスは商品を購入して初めて成果といえます。



アクセスを何万件集めようと、メルマガを何万通発行しようと、商品を購入してもらえない限り成果は0のままです。

成果を少しでも増やすためには手段は多いほうがよいと考える人も多いのでしょうが購入方法をいくつも用意するケースが多々見受けられます。

ウェブサイトからの申し込み以外に、電話OK、FAXやメールは24時間OKという具合です。

しかし、購入方法はあまり多く選択しないほうが成果を上げやすいのです。

例えば見込み客がWebサイトで名前を入力している瞬間に「電話でも良い」という表示を見せられた瞬間、気が散ってしまうかもしれません。

また、顧客が申し込み方法を迷っているうちに時間が過ぎてしまい、そのうち面倒になって購入をやめてしまうことも考えられます。

こういう事態を招かないようにするためにも購入方法はある程度限定したほうが無難なのです。

支払い方法の設定にもコツがある

支払い方法についても顧客の便宜を図ってあげようと考え、クレジットカード、代金引換、郵便振替、銀行振り込み、さらには電子マネーを用意する人もいます。

確かに支払方法が多いほうが便利ではあります。

しかし、提供者からすると選択肢を増やすことが必ずしも得策であるとはいえません。

購入方法と同じで、あまりに多いと顧客が混乱したり迷ったりするからです。

また、郵便振替や銀行振り込みは入金確認や回収などに時間をとられてしまい、売上を上げることにエネルギーを集中できなくなってしまいます。

したがって、特に起業間もない時期にはクレジットカードと代金引換に絞ったほうが良いでしょう。


クレジットカードはバリエーション豊かに

ただし、使用できるクレジットカードの種類は多いほうが良いでしょう。

一般的に支払に掛かるコストはクレジットカードが無料なのに比べ、代金引換の場合は300円程度掛かる場合が多いです。

せっかく購入する意思を持っていても自分のクレジットカードが対応しておらず、代金引換では手数料で300円以上とられてしまうのです。

また、カードで購入した場合はその分のポイントが付くことも考えると商品の金額によって生じるコストの差はかなり大きくなります。

このような理由で顧客が購入を躊躇してしまうということも充分に考えられます。

購入方法は支払い方法を設定するコツをまとめると「購入方法は、支払い方法を絞り、使用できるクレジットカードを多く」ということになります。

成果保障型 寺子屋式インターネットビジネス塾「THE ALLIANCE」
ネットビジネス
元手がかからない
セリングとマーケティング
プロモーションコストが安い
粗利率が高い
アップセルやクロスセルが簡単
高いレバレッジ
商圏が広い
キンドル革命
第一の壁は信用の壁
マーケティング・マイオピア
能動性の壁
非ネット系情報の壁
消費者心理法則
儲かるマーケット
顧客リスト
見込客を得るランディングページ
フロントエンドとバックエンド
ネットビジネスは4Pより4C
セールスコピー
リピーター育成
返報性の法則
STPパラダイム
フットインザドアテクニック
ハロー効果
デモンストレーション効果
ザイオンス効果
バンドワゴン効果
カリギュラ効果
コントラスト効果
マーケット選びで決まる
マーケットの儲かる条件
ラテラルマーケティング
オファーを決める
魅力的でわかりやすいランディングページ
ランディングページテストのコツ
ロールアウトの手段
効果的なオーダーフォーム
膨張製品
信用の壁を超える
無料レポートやプレゼントの価値を訴える
購入方法や支払い方法での留意点
まず真似から
VAKを意識した文章
自分のパーソナリティ
ヘッドラインの巧拙で決まる
USPを徹底的に
売れるセールスコピーの条件
フロントエンドは先鋒的
バックエンドで満足感と信頼を
より魅力的な条件を制限付きで提示
経験マーケティングを経験する時代
DMやメルマガは工夫して何度も送れ
新規顧客をプロシューマーへ
キャズムを越えて
AIDMAからAISAS
バイラルandバズ
モバイルの利点を利用
YouTube、USTREAMも
ビジネスでTwitterを
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
審査



ネットビジネスを成功させる情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。