ネットビジネスを成功させる情報 

ネットを使ったビジネスの魅力とノウハウと法則、手順を実践的にレクチャーします。

サイトマップ

VAKを意識した文章

五感を分類したVAK

人は日常的に、五感を通じて外界の情報をキャッチしています。



五感とは視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚です。

VAKとは元々NLPの用語で五感を視覚(Visual)、聴覚(Auditory)、身体感覚(Kinesthetic)に分類したものです。

身体感覚は触覚などがありますが広く捉えれば味覚や嗅覚も含まれます。

NLPではVAKのうちで一番優位性が高い感覚を使いながら学習すると効果が高いと言われます。

例えば、視覚優位の人にとっては文字や図、あるいは動画を目で見ながら学習すると効率が上がるといわれています。

聴覚優位の人にとっては音声や音楽、つまり音を通じて学習すると効率が良くなるようです。

また、身体感覚優位の人には文字や図を書き写したり、実際に身体を使ったりすることで効率が良くなります。

VAKに訴えるとインパクトの強いコピーに

この理論をセールスコピーに応用すると、よりインパクトの強いものが出来ます。

視覚に訴えるにはあなたの商品が持つベネフィットを目で見て感じられる表現が効果的です。

例えば「おいしいラーメン」というだけでなく「ほかほか湯気が出て、つやつやシコシコの麺、ほどよく透き通ってあっさりしたスープのラーメン」など、擬態語や形容詞を使うとよりおいし感じがします。

聴覚に訴えるには擬音語を使う方法があります。

「おいしいハンバーグ」というよりも「ジュージューと音を立ててハンバーグがやってきた。

付け合わせはシャリシャリのレタス」とするほうが食欲も湧きますよね。

◆ ふんわりした洗い上がり

◆ 心地よくほほをなでるそよ風

◆ 生クリームのほのかな甘い香り

など、自分でもワクワクするような表現を考えてみましょう。


ベネフィットをイメージに落とし込め!

ここではラーメン、ハンバーグなどの食べ物を題材としてきましたが、コンテンツのような「味」や「におい」がないものでもVAKに訴えることは可能です。

その場合、ベネフィットをイメージに落とし込んだ上で表現を考えるとよいでしょう。

例えば、ダイエットを成功させるコンテンツであれば、スッキリ痩せた男性や女性をイメージさせる表現として「スッキリ」「スラリと」「ホッソリ」「引き締まった」などの言葉が考えられます。

数字も感覚に直接的に訴える力があります。

単純に「痩せた」と表現するよりも「10日で5キロも減量!」や「1ヶ月でウエストが10センチも減った」など具体的なイメージが浮かぶコピーで「そんなに痩せるのか」と思ってもらいやすいのです。

成果保障型 寺子屋式インターネットビジネス塾「THE ALLIANCE」
ネットビジネス
元手がかからない
セリングとマーケティング
プロモーションコストが安い
粗利率が高い
アップセルやクロスセルが簡単
高いレバレッジ
商圏が広い
キンドル革命
第一の壁は信用の壁
マーケティング・マイオピア
能動性の壁
非ネット系情報の壁
消費者心理法則
儲かるマーケット
顧客リスト
見込客を得るランディングページ
フロントエンドとバックエンド
ネットビジネスは4Pより4C
セールスコピー
リピーター育成
返報性の法則
STPパラダイム
フットインザドアテクニック
ハロー効果
デモンストレーション効果
ザイオンス効果
バンドワゴン効果
カリギュラ効果
コントラスト効果
マーケット選びで決まる
マーケットの儲かる条件
ラテラルマーケティング
オファーを決める
魅力的でわかりやすいランディングページ
ランディングページテストのコツ
ロールアウトの手段
効果的なオーダーフォーム
膨張製品
信用の壁を超える
無料レポートやプレゼントの価値を訴える
購入方法や支払い方法での留意点
まず真似から
VAKを意識した文章
自分のパーソナリティ
ヘッドラインの巧拙で決まる
USPを徹底的に
売れるセールスコピーの条件
フロントエンドは先鋒的
バックエンドで満足感と信頼を
より魅力的な条件を制限付きで提示
経験マーケティングを経験する時代
DMやメルマガは工夫して何度も送れ
新規顧客をプロシューマーへ
キャズムを越えて
AIDMAからAISAS
バイラルandバズ
モバイルの利点を利用
YouTube、USTREAMも
ビジネスでTwitterを
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
長期金利 チャート






ネットビジネスを成功させる情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。