ネットビジネスを成功させる情報 

ネットを使ったビジネスの魅力とノウハウと法則、手順を実践的にレクチャーします。

サイトマップ

自分のパーソナリティ

形はマネしても、言葉はマネるな!

自己啓発書の古典的ベストセラー『人を動かす』や『道は開ける』などの著書で有名なデール・カーネギー氏は「自分らしく振舞う」ことの大切さを述べています。



つまり、「誰もがオンリーワンなのだから自分に自身を持って堂々と、自信を持って振舞いなさい。そのほうが上手くいく」と説いているのです。

コピーライティングでも同じです。

先に述べたような成功しているセールスコピーの型はマネしたほうがよいのですが、それを書いた人になりきったモノマネでは仮に短期的に成功したとしても長期的な成功にはつながらないでしょう。

ライティングを始めると型だけでなくて言葉そのものをマネしようとする人が中にはいます。

しかし、自分の言葉で書いているわけではないのでいずれは行き詰ってしまいます。

無理矢理ひねりだした文章は読む側にとっても違和感がありアトラクティブ(惹きつけられる)な文章にはなりません。

一方、あなたもつい読んでしまうメルマガはありませんか?それらは大抵、書いている人の「らしさ」が出ているのではないでしょうか。

自分らしさを出すことでオリジナリティを演出することが出来ます。

HOWより、WHATが大事!

世界三大広告人の一人にあげられ「広告の神様」と称されるデビット・オグルビー氏は「何を」いうかが「どう」いうかよりも重要だと述べています。

つまり、どれだけ宣伝効果の高い媒体で美辞麗句を駆使して発信したとしても、伝えるべき内容が的を射るものでなければ誰も振り向いてくれないということです。

まして、伝えたい内容がはっきりしないままではコピーの内容もあいまいになり、説得力のないものになってしまいます。

まず、何を伝えたいのかを自分の中で明確にしてからコピーを書き始めることがとても大切なのです。


プライベートな面も強力な武器に

たまに「仕事にプライベートは持ち込まない」と強がっている人を見かけることがあります。

しかし、プライベートな面を出すことで読み手はあなたに親近感を感じることになります。

さらにその親近感が「ラポール(信頼と調和に満ちた雰囲気)」の形成にもつながります。

営業やセールスの世界では売り手と買い手の間にラポールが形成されることが重要といわれています。

本来、ラポールの形成には数多くのコミュニケーションが必要です。

しかし、ちょっとしたところで相手から親近感を感じてもらえればその手間がずっと少なくて済みます。

ですから、特にメルマガ(広告)などでは、あまりフォーマルな話ばかりを書いてしまうと読み手はいつまで経っても親近感を抱けない、肩が凝ってしまう内容になってしまいます。

時々、ある程度の範囲でインフォーマルな話、つまり、趣味や家族のこと、失敗談、印象深い思い出、個人的な悩み、自分のプライベートな目標を後悔してしまったほうがよい場合があります。

あまりに大きなミスであれば別ですが、多少の弱みを見せることは読者の共感を得られ、反響が非常に大きくなるものです。

つまり、自分をさらけだすことでガードを下げることが必要なのです。

プライベートを見せないという事はボクサーで考えてみると二人ともガードをしている状態でいるようなものです。

つまり相手に隙を与えない状態であり、コミュニケーションを取る為には壁となってしまうのです。

もちろん、この方法にも限度があります。

しかし、だからといって少々の弱みを見せてもあなたが相手から嫌われることはないどころか、隠し事をしないオープンな人だと感じ、親しみを感じてくれたり、信頼してくれたりすることの方が圧倒的に多いです。

ガードを下げてください。

そうすれば、テクニックはそれほど必要ありません。

自然とあなたのパーソナリティは出るものです。

あなたも家族や友達と話すときは自然とそれが出来ているはずです。

つまり、パーソナリティを出すことは小手先のテクニックではないのです。

むしろ、マインドセット(基本的な心構え、心のあり方)の問題と言うべきでしょう。

成果保障型 寺子屋式インターネットビジネス塾「THE ALLIANCE」
ネットビジネス
元手がかからない
セリングとマーケティング
プロモーションコストが安い
粗利率が高い
アップセルやクロスセルが簡単
高いレバレッジ
商圏が広い
キンドル革命
第一の壁は信用の壁
マーケティング・マイオピア
能動性の壁
非ネット系情報の壁
消費者心理法則
儲かるマーケット
顧客リスト
見込客を得るランディングページ
フロントエンドとバックエンド
ネットビジネスは4Pより4C
セールスコピー
リピーター育成
返報性の法則
STPパラダイム
フットインザドアテクニック
ハロー効果
デモンストレーション効果
ザイオンス効果
バンドワゴン効果
カリギュラ効果
コントラスト効果
マーケット選びで決まる
マーケットの儲かる条件
ラテラルマーケティング
オファーを決める
魅力的でわかりやすいランディングページ
ランディングページテストのコツ
ロールアウトの手段
効果的なオーダーフォーム
膨張製品
信用の壁を超える
無料レポートやプレゼントの価値を訴える
購入方法や支払い方法での留意点
まず真似から
VAKを意識した文章
自分のパーソナリティ
ヘッドラインの巧拙で決まる
USPを徹底的に
売れるセールスコピーの条件
フロントエンドは先鋒的
バックエンドで満足感と信頼を
より魅力的な条件を制限付きで提示
経験マーケティングを経験する時代
DMやメルマガは工夫して何度も送れ
新規顧客をプロシューマーへ
キャズムを越えて
AIDMAからAISAS
バイラルandバズ
モバイルの利点を利用
YouTube、USTREAMも
ビジネスでTwitterを
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
円定期 金利
































ネットビジネスを成功させる情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。