ネットビジネスを成功させる情報 

ネットを使ったビジネスの魅力とノウハウと法則、手順を実践的にレクチャーします。

サイトマップ

ヘッドラインの巧拙で決まる

ヘッドラインは、すべてのスタート地点

突然ですが、あなたに質問があります。



あなたは今、ある商品を売っている会社を2つ見つけました。

実際に話を聞く中で商品を見て、どちらかを買おうと思い2つの会社を訪問することになりました。

A社の様子は玄関もスッキリしていて魅力的な印象。

一方でB社は玄関が雑然として何を売っている会社なのか分かりません。

さて、あなたはどちらの会社から商品を買いたくなりますか?

おそらく多くの人がA社と答えるのではないでしょうか。

もしかしたら、商品自体はB社の方が優れているかもしれません。

しかし、玄関周りが雑然としていることで会社に入ること自体ためらってしまうかもしれません。

コピーの場合でも同じような要素があります。

誰でも、その文章を読むか読まないかをヘッドライン(玄関)でほぼ決めているからです。

ヘッドラインとは本のタイトル、新聞記事の見出し、メルマガの件名、キャッチコピーを指します。

Yahoo!やインフォシーク、こういったポータルサイトなどのトップ画面にあるニュースのうち、どれを読むかはすべてヘッドラインで決めている方も多いですよね。

「ヘッドより中身で勝負!」という人もいるかもしれません。

しかし現実は全ての読み物においてヘッドラインが最重要な要素であり、広告やコピーの効果の80%以上を占めているといって間違いではありません。


ヘッドライン3つの間違い

それでもヘッドラインをおろそかにしたままでボディコピー(本文)作りにばかり力を入れているライターが多数います。これでは本末転倒と言ってもよいでしょう。

そこで、ヘッドラインでありがちな間違いを3つあげておきます。

1 商品そのものを売ろうとする

ヘッドラインで商品を売ろうとするケースが多く見られます。

しかし、最初から「買え買え」と騒ぐヘッドラインでは読み手も読み進める気が失せてしまうでしょう。

ヘッドラインの役目はあくまでも読み手の興味、注意を惹きボディコピーに誘導することです。

あなたのヘッドラインはどうでしょうか?商品の売り込みになっていませんか?

2 ターゲットが散漫

ターゲットが絞れていないと「平均的な顧客」をターゲットとしたメッセージとなってしまいます。

フィリップ・コトラー氏は「片足を熱湯に入れ、片足を氷水に入れている人も平均すれば快適ということになってしまう」と述べ、平均的な顧客を基準としたマーケティングの愚かさについて指摘しています。

特に「皆さん」と呼び掛けてしまうようなヘッドラインやボディコピーはポイントがずれてしまうので注意が必要です。

きちんとターゲティングが出来たら、しっかりしたターゲットを絞り込めたらターゲット(対象顧客)を明確に想定して「あなた」と直接呼びかけるような気持ちでターゲットに対して響くヘッドラインを書きましょう。

3 平凡でつまらない

ヘッドラインは、平凡なものでは読み飛ばされてしまいます。

意外性や好奇心をそそるような内容が好まれます。

例えば、インフォシークのトピックスを見ると『激やせの極意』だとか『〜の裏事情』といった、いかにも好奇心を刺激するようなものが並んでいます。

他にもいろいろと出ているので常に注意してみるように習慣付けてヘッドラインを書く際には活かせるようにしましょう。

成果保障型 寺子屋式インターネットビジネス塾「THE ALLIANCE」
ネットビジネス
元手がかからない
セリングとマーケティング
プロモーションコストが安い
粗利率が高い
アップセルやクロスセルが簡単
高いレバレッジ
商圏が広い
キンドル革命
第一の壁は信用の壁
マーケティング・マイオピア
能動性の壁
非ネット系情報の壁
消費者心理法則
儲かるマーケット
顧客リスト
見込客を得るランディングページ
フロントエンドとバックエンド
ネットビジネスは4Pより4C
セールスコピー
リピーター育成
返報性の法則
STPパラダイム
フットインザドアテクニック
ハロー効果
デモンストレーション効果
ザイオンス効果
バンドワゴン効果
カリギュラ効果
コントラスト効果
マーケット選びで決まる
マーケットの儲かる条件
ラテラルマーケティング
オファーを決める
魅力的でわかりやすいランディングページ
ランディングページテストのコツ
ロールアウトの手段
効果的なオーダーフォーム
膨張製品
信用の壁を超える
無料レポートやプレゼントの価値を訴える
購入方法や支払い方法での留意点
まず真似から
VAKを意識した文章
自分のパーソナリティ
ヘッドラインの巧拙で決まる
USPを徹底的に
売れるセールスコピーの条件
フロントエンドは先鋒的
バックエンドで満足感と信頼を
より魅力的な条件を制限付きで提示
経験マーケティングを経験する時代
DMやメルマガは工夫して何度も送れ
新規顧客をプロシューマーへ
キャズムを越えて
AIDMAからAISAS
バイラルandバズ
モバイルの利点を利用
YouTube、USTREAMも
ビジネスでTwitterを
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
債権 金利























ネットビジネスを成功させる情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。