ネットビジネスを成功させる情報 

ネットを使ったビジネスの魅力とノウハウと法則、手順を実践的にレクチャーします。

サイトマップ

キャズムを越えて

テストの重要性については前述しました。



しかし、テスト・マーケティングでよい結果が出ても安心できない場合があります。

それを端的に示しているのがキャズム理論です。

キャズム理論とは製品が一般に普及するために、キャズム(深い溝)を越える必要があるというもので。

米マーケティングコンサルティング会社キャズムグループの代表であるジェフリー・ムーア氏が提唱したものです。

製品の普及プロセスでは普及過程に沿って市場が2つに分類されています。

キャズムの手前は初期市場で、イノベーター(革新者、新しい物好き)やアーリー・アダプター(初期採用者)で構成される市場です。

その後にメインストリーム市場があり、アーリー・マジョリティ(前期多数者)やレイト・マジョリティ(後期多数者)によって構成されています。

これらの市場にまで普及できた製品はヒットになりますが、2つの市場の間にはキャズムが存在しているというのです。

つまり、イノベーターやアーリー・アダプターに受け入れられたから成功するとはいえないのです。

キャズムを越え、広く深く市場浸透を図るためにはアーリー・マジョリティに受け入れられる方策を取る必要があります。

急速にアーリー・マジョリティへと普及させることが出来れば、大ヒット商品を生み出す可能性は一段と高くなります。

この点に着目したマーケティングを「トルネード・マーケティング」と呼ぶこともあります。

トルネードとは「竜巻」を意味します。

ネットビジネスで扱う商品でも竜巻に運ばれるようにキャズムを易々と乗り越えられるのであれば大きなヒット商品になる可能性も高まります。

あなたもキャズムを乗り越えることを目標とした戦略を立てて大ヒット商品を生み出して下さい。

戦略のポイントは奇をてらったものではなく、本サイトで述べたことを着実に実行することにあります。

成果保障型 寺子屋式インターネットビジネス塾「THE ALLIANCE」
ネットビジネス
元手がかからない
セリングとマーケティング
プロモーションコストが安い
粗利率が高い
アップセルやクロスセルが簡単
高いレバレッジ
商圏が広い
キンドル革命
第一の壁は信用の壁
マーケティング・マイオピア
能動性の壁
非ネット系情報の壁
消費者心理法則
儲かるマーケット
顧客リスト
見込客を得るランディングページ
フロントエンドとバックエンド
ネットビジネスは4Pより4C
セールスコピー
リピーター育成
返報性の法則
STPパラダイム
フットインザドアテクニック
ハロー効果
デモンストレーション効果
ザイオンス効果
バンドワゴン効果
カリギュラ効果
コントラスト効果
マーケット選びで決まる
マーケットの儲かる条件
ラテラルマーケティング
オファーを決める
魅力的でわかりやすいランディングページ
ランディングページテストのコツ
ロールアウトの手段
効果的なオーダーフォーム
膨張製品
信用の壁を超える
無料レポートやプレゼントの価値を訴える
購入方法や支払い方法での留意点
まず真似から
VAKを意識した文章
自分のパーソナリティ
ヘッドラインの巧拙で決まる
USPを徹底的に
売れるセールスコピーの条件
フロントエンドは先鋒的
バックエンドで満足感と信頼を
より魅力的な条件を制限付きで提示
経験マーケティングを経験する時代
DMやメルマガは工夫して何度も送れ
新規顧客をプロシューマーへ
キャズムを越えて
AIDMAからAISAS
バイラルandバズ
モバイルの利点を利用
YouTube、USTREAMも
ビジネスでTwitterを
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
つなぎ融資 金利



ネットビジネスを成功させる情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。