ネットビジネスを成功させる情報 

ネットを使ったビジネスの魅力とノウハウと法則、手順を実践的にレクチャーします。

サイトマップ

バイラルandバズ

バイラル&バズ・マーケティングで口コミを増殖させよ

消費者が商品を買うとき、一方的な企業からの情報よりも知人やインターネットユーザーの意見を参考にすることの方が多いといわれています。



企業との利害関係がないユーザーの意見は信頼できるものが多いと判断するからです。

商品の評判が伝わることを「口コミ」と言いますが、口コミの原理を起業のウェブサイト、メルマガなどを通じて応用する手法をバイラル・マーケティングと呼んでいます。

バイラルとは「ウィルスの(Viral)」という意味で、インターネット上での噂がウィルス(Virus)のように自己増殖してどんどん広がっていく様子を示しています。

ただし、バイラル・マーケティングはあくまでも企業側の戦略です。

一方、ユーザーや消費者側における口コミを主体としたマーケティングをバズ・マーケティングと呼びます。

バズ(buzz)とは蜂が飛ぶときの「ブーン」という羽音をあらわしています。

転じて、人がガヤガヤする様子や噂が広まっていく様子を表しています。

つまり、バズ・マーケティングは人々の話題に上る「材料」を提供してネット上にいる消費者にバズを起こさせる手法です。

企業側のホームページやメルマガよりも消費者のSNSやブログを通じて人から人へと伝わっていき、バズが蔓延していくことを想定したものです。

子供たちの間で「トイレの花子さん」や「口裂け女」が流行したことがありました。

都市伝説は誰かがきっかけを作って、子供から子供へ伝わりました。

当時はネットを通じたものではありませんが、これもバズと呼べるものでしょう。

バズ・マーケティングは企業側がきっかけを作るにしろ、顧客側にバズの広がりを起こさせるマーケティングです。

その場合は当然、ブログやSNSなどのサービス提供が前提となるのです。

バズ・マーケティングのきっかけ作り

バズを生み出すためには誰もが「そうだったんだ!」と思うような話題を提供する必要があります。

人は自分が「初めて聞いた!」とか「そういうこともあるのか!」と感動したり驚いたりしたものは誰かに話したくなるものなのです。

何よりも人に話したくなる話題を提供することが重要なのです。

バズが上手な企業にGoogleがあります。

新しいソフトを発表するとテレビやネットで一斉に話題になることが多いです。

Googleのソフトはどれも高価格で売られていても異論を唱える人がいないほど高性能です。

しかし、そのソフトを簡単登録して、しかも無料でダウンロードできます。

Googleは以前からFREEの原理で上手にバズ・マーケティングを行ってきた企業だといえます。


オープンソース・マーケティングも導入してみよう

また、CGCM(Consumer Generated CM)もバズの生成には一役買っています。

CGCMとは消費者自らが勝手にCMを作ってCGM(Youtubeなど)※49に投稿することです。

なお、CGCMによるマーケティングはオープンソース・マーケティングと呼ばれることがあります。

企業があらかじめバズの種となりそうなものをYoutubeに紛れ込ませることによって、消費者がCGCMを勝手に展開してくれることも期待できます。

有名な例は「ダイエットコーク+メントス実験」です。

あるユーザーがダイエットコークにメントスを入れて勢いよく泡が吹き出す様子をYoutubeにアップロードしたところ、多くのユーザーがこの動画に刺激を受けて、多くのネットユーザーが様々な実験動画を次々にアップする現象が発生しました。

この一連の動きを引き起こした実験動画の再生回数は2010年の時点で実に1,200万回以上に上りました。

この恩恵を受けたのが、メントスの製造元であるパフェッティ・パレです。

このメントス事件の動画はなんと同社に約1000万ドル(約100億円)の売上効果をもたらしたといわれています。

また、ネット上では著作権の問題があります。

しかし、この件についてはクリエイティブ・コモンズ※50という活動がここ数年活発になっています。

この動きがきっかけとなってネット上のバズ・マーケティングが活発化することが予想されます。

いずれにしてもオープンソース・マーケティングの手法はネットビジネスにおいても導入可能です。

例えば、あなたが自社で販売する商品に関して興味を引くCM動画をYoutubeなどにアップして、そのCMをアレンジして投稿して欲しいとユーザーに呼びかけるのです。

もともとの動画が面白いものであれば、多くのユーザーがユニークな動画を投稿してくれるでしょう。

もちろん、優秀作品にはまとまった賞金や商品を渡す約束をするとよいでしょう。

これによって多くのユーザーが楽しみながら投稿し、バズが広がる結果であなたの商品の売上UPにつながることも充分に期待できるのです。


※ 49CGM Consumer Generated Mediaの略。消費者がコンテンツを生み出すメディア

※ 50クリエイティブ・コモンズ All Rights Reserved(筆者が全ての権利を占有)ではなく、筆者の許容範囲を明確にして一定の条件化で筆者の権利を開放するシステム


成果保障型 寺子屋式インターネットビジネス塾「THE ALLIANCE」
ネットビジネス
元手がかからない
セリングとマーケティング
プロモーションコストが安い
粗利率が高い
アップセルやクロスセルが簡単
高いレバレッジ
商圏が広い
キンドル革命
第一の壁は信用の壁
マーケティング・マイオピア
能動性の壁
非ネット系情報の壁
消費者心理法則
儲かるマーケット
顧客リスト
見込客を得るランディングページ
フロントエンドとバックエンド
ネットビジネスは4Pより4C
セールスコピー
リピーター育成
返報性の法則
STPパラダイム
フットインザドアテクニック
ハロー効果
デモンストレーション効果
ザイオンス効果
バンドワゴン効果
カリギュラ効果
コントラスト効果
マーケット選びで決まる
マーケットの儲かる条件
ラテラルマーケティング
オファーを決める
魅力的でわかりやすいランディングページ
ランディングページテストのコツ
ロールアウトの手段
効果的なオーダーフォーム
膨張製品
信用の壁を超える
無料レポートやプレゼントの価値を訴える
購入方法や支払い方法での留意点
まず真似から
VAKを意識した文章
自分のパーソナリティ
ヘッドラインの巧拙で決まる
USPを徹底的に
売れるセールスコピーの条件
フロントエンドは先鋒的
バックエンドで満足感と信頼を
より魅力的な条件を制限付きで提示
経験マーケティングを経験する時代
DMやメルマガは工夫して何度も送れ
新規顧客をプロシューマーへ
キャズムを越えて
AIDMAからAISAS
バイラルandバズ
モバイルの利点を利用
YouTube、USTREAMも
ビジネスでTwitterを
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
借換え





















































ネットビジネスを成功させる情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。