ネットビジネスを成功させる情報 

ネットを使ったビジネスの魅力とノウハウと法則、手順を実践的にレクチャーします。

サイトマップ

キンドル革命

キンドル革命と出版ビジネスの行方

最近、電子書籍が圧倒的な注目を集めています。



2009年6月末、アマゾンが米国で発表した電子書籍リーダー「Kindle(キンドル)DX」から始まった流れで、2009年のクリスマスには電子書籍が初めて紙媒体の本の売上を上回るという事件も起きました。

その影響を受けて、米国最大手の書店チェーン、バーンズ&ノーブルが電子書籍リーダーのNOOKをキンドルと同じ値段で発売、また、アップル社からもiPadが発売され、まさにキンドルの登場は紙媒体が中心だった書籍販売業界に革命を起こした存在です。

電子書籍の閲覧には電子書籍リーダーが必要となります。

その特徴は主に次の3つにあるでしょう。

1.携帯性:キンドルの場合、1台で3,500冊まで書籍を保存できます、また、1台の重さは300g程度(A5判書籍1冊分)のため、3,500冊の書籍を1冊の書籍分の重さで持ち運びできると言えます。

2.ネットとの親和性:機種にもよりますが、キンドルではアマゾンで販売されている電子書籍をネット経由でダウンロードできます。

3.経済性:キンドルの場合、ベストセラーのデジタル書籍が10ドル(約900円)でダウンロードできる事もあり、将来爆発的な発展が考えられるでしょう。

また、アマゾンでは近い将来キンドルDXの日本語版発売を考えているようです。

また、日本国内ではキンドル以外にも多くの電子書籍リーダーが発売される動きがあります。

ソニーからは3G機能のついた「Reader Daily Edition」が登場していますし。

2004年に同社が発表した電子書籍リーダーは2007年に一度撤退していますが、欧米での電子書籍化の影響で日本でも再発売を検討しているようです。

また、携帯電話も電子書籍リーダーの役割をすでに果たしていますし、出版業界の仕組みが大きく変化する日はそう遠くはないでしょう。

インターネットを通じて不当に高額なeブックを売りつけるタイプの情報ビジネスは、一部の例外を除いて今後落ち目になるだろうと言われています。

全ての書籍が紙媒体から電子書籍に代わる事はないでしょうが、CD業界の流れを見ても分かるように書店やコンテンツビジネスへの影響は計り知れないものがあるでしょう。

そして、実際の書店の存在意義を見つめ直す時期が来て、その生き残りを賭けた商戦も行われるでしょう。

オンライン書店に多くの顧客を奪われる事も十分予測出来ますし、実際に10年前には全国に2万店あった書店は2010年現在、1万5000店になっています。

しかし、一方では書籍と同時に小物や雑貨を取り扱う「ヴィレッジバンガード」や書店内で編集・製本した書籍を店舗内で販売できる「SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLER」など個性的な書店が登場しました。

他店との差別化が図れるのであれば十分に生き残れる可能性はあります。

また、電子書籍の普及は読者と著者にとっては非常に魅力的です。

印刷費や紙代の分コストを安く抑えられる為、読者は安く手に入れられるし、著者にとっては印税率のアップが期待できるのです。

電子書籍の普及によってダウンロード販売が浸食する事は想像に難くないでしょう。

成果保障型 寺子屋式インターネットビジネス塾「THE ALLIANCE」
ネットビジネス
元手がかからない
セリングとマーケティング
プロモーションコストが安い
粗利率が高い
アップセルやクロスセルが簡単
高いレバレッジ
商圏が広い
キンドル革命
第一の壁は信用の壁
マーケティング・マイオピア
能動性の壁
非ネット系情報の壁
消費者心理法則
儲かるマーケット
顧客リスト
見込客を得るランディングページ
フロントエンドとバックエンド
ネットビジネスは4Pより4C
セールスコピー
リピーター育成
返報性の法則
STPパラダイム
フットインザドアテクニック
ハロー効果
デモンストレーション効果
ザイオンス効果
バンドワゴン効果
カリギュラ効果
コントラスト効果
マーケット選びで決まる
マーケットの儲かる条件
ラテラルマーケティング
オファーを決める
魅力的でわかりやすいランディングページ
ランディングページテストのコツ
ロールアウトの手段
効果的なオーダーフォーム
膨張製品
信用の壁を超える
無料レポートやプレゼントの価値を訴える
購入方法や支払い方法での留意点
まず真似から
VAKを意識した文章
自分のパーソナリティ
ヘッドラインの巧拙で決まる
USPを徹底的に
売れるセールスコピーの条件
フロントエンドは先鋒的
バックエンドで満足感と信頼を
より魅力的な条件を制限付きで提示
経験マーケティングを経験する時代
DMやメルマガは工夫して何度も送れ
新規顧客をプロシューマーへ
キャズムを越えて
AIDMAからAISAS
バイラルandバズ
モバイルの利点を利用
YouTube、USTREAMも
ビジネスでTwitterを
リンク集

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
セブン銀行 金利



ネットビジネスを成功させる情報 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。